函館美原だより
            12-11-16(2012年 第1号―通巻第77号)
  ○引越しのあと片付け  10月30日から……
    3階ベランダからの眺め。南は中庭で、ちょうど紅葉のときに引っ越してきた。右は一瞬の夕焼け。
     

             北は遠くに山並みが見える→

札幌のガ・フレがこの赤川通団地のことを教えてくれた。彼女は北海道公団住宅自治会協議会会長。また、道新の人気コラム「朝の食卓」の現執筆メンバーでもある。
昭和53(1978)年9月管理開始、220戸の団地です。以前は自治会があったようですが、平成6(1994)年4月解散となっています。やはり高齢化しているのでしょうか?」

つまり築35年の古い3DK。ベランダを含めても60u強。1号棟から6号棟まである。意外に静か。

部屋割りは下の写真で見ていただこう。まだ、散らかったままだが、いつになってもきれいになりそうもないから、言い訳ができるうちに披露してしまおう。
   
    パソコン部屋から書斎へ!?                  座卓から丸テーブルへ 


夏はこの和室で大の字になって昼寝したいと…

籐椅子2脚と座卓しかないからお客さん1人は寝られます。
どの部屋も狭いが、大沼のワンルームよりは広いし、2か所を毎日行ったり来たりするよりは便利。また、食うところと寝るところが同じだったから、それが別になっただけでも楽。
洗濯機も物干し場もあるし―いままでなかった!―と甘く採点。





    
     一応ベッドルーム                   ベッド横のセカンドデスク

引越しの後片付けは大仕事だった(まだ過去形ではないが)。毎日毎日朝から夜まで殆ど動き詰め。1週間ほど経ってからは、暗いうちから始め、5、6時間やって食事し、ひと休み後、その日の後半に入る。ガラクタは、大きい40g入りゴミ袋で20袋は出したろう。不用品廃棄と汚れ落としがこの半月の2大事業。
手の指が切れてあちこちに血がついていたり、洗剤で荒れてきた。1`以上痩せた。疲れた。飽きてきた。

仙台の友人からの手紙に「引越しは考えただけでもイヤです。ご苦労さまでした」とあった。

整理を続けているうちに、人生の整理も兼ねていると思うようになった、思うことにした。先ずは捨てること。そして汚れを落とすこと。どちらも自分に当てはまる。

窓ガラス拭きは、外に片足を出し、身を乗り出すようにして雑巾で拭いた。北側10枚(網戸を含む)で疲れ、南側10枚は翌日回し。
浴室の壁、洗面台の壁の汚れ落としにも手間がかかった。台所の、鍋などを置くスチール棚も大ごとだった。80爺の独り仕事、と言って慰め励まし…。
肉体作業だから、太もものこむら返りが心配で、合い間には体操を欠かさなかった。寝る前にも整理体操。整理にもいろいろあるとシャレた。

部屋のレイアウトや飾りつけ!?などはあとまわしだったが、なんとか始末しなければならないモノがある。
絵や写真、鏡やカレンダーをどこかにぶら下げなければならない。結局殆ど、あちこちに垂れている状態。たとえば、玄関の左壁には、装丁された富士の大型写真2枚―21世紀第1日の日の出と、雄大な笠雲―、右壁には天風の富士の色紙をかけた。正面には木村訓丈氏の絵画。多すぎて重苦しいほど。ついでに言えば、例のプレイボーイのヘアヌードも捨てきれず、寝室の板戸に復活。

さて、外のほうに目を向けようか。
*買い物
「元気市場」…生鮮食品市場。「ツルハ」…ドラッグと日用品。どちらも歩いて1、2分のところだから便利。
なにしろ大沼が不便すぎた。何でも揃った「落合商店」の閉店が痛かった。買物難民といっても過言ではなくなっていた。
*温泉
歩いて25分の北美原温泉に、もう2度行ってきた。天気がよく暖かだったので、散歩を兼ねて往復とも歩いた。
露天風呂もあり、朝風呂もあるが、私は12時開始に合わせ、また、寒くなったら帰りのバスに合わせ、往きだけ歩くことにするつもり。
買い物と温泉が便利で快適、と言っておこうか。

*掘り出し物
―と言えるかどうか―も出てきた。金子兜太氏の手紙やハガキ、私の好きな放浪詩人で作家・高木護氏のハガキ、画家・橋本博英氏の手紙―ローマ宛のエアメールが多い―、その他友人の手紙etc.

さてさて、長くなったので、途中だが今号はこれまで。続きは近いうちの次号で。ご無沙汰が長かったので心配してくれる人がいて、とりあえず第1報を、と。
数日前からちょこちょこ書いていたので、写真や1部内容は古くなってしまった。   おわり
○栃木市の秋祭りと朝飯会サミット
栃木朝飯会第200回記念と全国朝飯会サミットが栃木市で開かれ、「丸の内朝飯会」からも11名の参加があった。その写真を送ってもらったのでご紹介します。丸の内のメンバー吉田氏と氷室さんの文章を借用した。

栃木は私が小学6年3学期から高校卒業まで過ごした地。家は東武日光線で3駅離れた田舎だったが中学高校の6年間は栃木市へ電車通学した。書けばキリのない青春時代。

下記の通り、撮影した氷室さんは、寄り道して私の親友宅に寄ってくれ、夫人と話をした。いま彼は宇都宮の施設に入っていて、寝たきりらしい。私は引越し騒ぎで参加できず。

   
                                     撮影:氷室寿美
  12-11-10/11                                        

とちぎの秋祭り  吉田勝昭  2012-11-11
江戸との舟運そして日光例幣使街道の宿場町として栄えた「小江戸とちぎ」(栃木市)の秋祭りにいってきました。ここは同じ「小江戸の舟運と蔵」をテーマに埼玉県の川越市と千葉県の佐原市と提携して10年前まえから町おこしを大がかりに始めた。その仕掛人が当時、栃木国学院短期大学教授だった小倉光雄(現:丸の内朝飯会)さんだった。当時栃木市の人口は8万人程度でしたが、観光客を30万人以上呼び込む計画を小倉さんが商工会議所幹部に提案したところ、「そんな無茶な!」と尻込みされたという。でも、地元の人たちを巻き込み努力した結果、見事に成功にこぎつけ、今年は3日間で45万人の観光客の参加が見込まれると聞いた。3市とも立派な山車があり、町内を練り歩くが、子供から大人まで全員参加で町全体が熱気づいていた。
 今回、小倉さんが発起人となって立ち上がった栃木朝飯会の200回記念には全国の朝飯会が参加したのでした(東京の丸の内、大阪の梅田、新潟の長岡、富山の七尾と栃木の朝飯会の5つ)。6時から歓迎パーティが始まり、お互いの現状報告、情報交換があった後、会員のアトラクションが披露された。翌朝は200回記念朝飯会が始まり、栃木社会教育委員長であり朝飯会の幹部でもある佐山正樹氏から「栃木の歌麿と舟運」について話してもらった。地元ゆかりの川喜多歌麿の人生と作風・浮世絵ではなく精緻な肉筆絵画のすばらしさを、スクリーンを通して説明してくださった。(1部省略。文責阿部)
○秋祭り  氷室寿美   2012-11-12
小倉さんが至れり尽くせりのおもてなしをしてくださり、とても愉しかったです。丸朝からは11人参加。
栃木にははじめて行きました。古い蔵づくりの町並みももちろんですが、川、水のある風景がすっかり気に入ってしまいました。ちょうど秋祭りに合わせての日程でしたので、大通りは思うように歩けないほどの賑やかさでしたが、裏道はのんびりできました。
小倉さんが「金太郎」商店が阿部さんの同級生だと教えてくれたので、寄ってみました。ご主人はおられず、奥さんと少しお話ししてきました。入院されているそうですね。   おわり

                            大沼通信12-10-23へ